banu blog

音楽を楽しむ為に…

その他

◆理想と現実

投稿日:2017年5月22日 更新日:

子供の頃描いていた夢。

漠然とだけど必ず叶うと信じていた10代の頃。

大人は「現実はそう甘くない」と言うが、ただのうるさいオヤジの遠吠えとしか感じなかった。

それがいつからか、自嘲するように「現実は甘くないな」と感じながら日々を過ごし、あっと言う間に時が流れる。

学生の頃、あんなに長く感じた1年も、すでに一日単位で過ぎているかような感覚に変わっている。

こんなはずじゃなかったと思いはするものの、これが大人なんだからだと答えを決めてしまう。

・・・

う~ん。

これはいかん。

何とかしなければ。。

思えば思うほどドツボにはまり「これが自分の限界なのか」と問いかけて自問自答し、それを突き破れない自分に腹が立ってくる。

理想と現実

これは、こんなに大人が多用して良い言葉なのだろうか。

もっと若者に理想を抱く尊さを教えていくべきでは?

理想に向かって失敗する事は、実現させる為の第一歩のはずだ。

それを、失敗したからって「現実は甘くない」と片付けてしまうような言葉をなぜ大人の私たちが多用しているのだ?

いや、むしろ、大人がもっと理想や夢を抱き突き進む姿を若者に見せて行かないいけないんじゃないのか?

環境のせいにしてはいけない。

時間に追われている事を言い訳にしてはいけない。

若者に対して、頑張れとしか言えなくなった事は恥ずかしい事な気がする。

もっと具体的に、

もっと道を示すように教えて行かなければ。

そして、自分もその若者と一緒に自分の理想に向かって走って行かなければなんの説得力もない。

いままの経験を活かして今こそ理想に向かって進んでいかねば!

 

年の離れた若者と接した時、

また年の離れた年配の方と接した時、

つくづくこう言う感情に駆られます。

現実はそう甘くないのは確かであり、様々な難題が待ち構えている事は事実だけれど、「現実は」という事で片付けてしまうとそこで思考停止してしまいます。

年齢という言葉で片付けてしまうと、そこから先に進めなくなってしまいます。

僕らも年ですから

この次に発する言葉は

なかなかしがらみがあって

と言い訳するか

もっと走りますよ

と言えるか。

人生を豊かにするのは後者の考えを持てるかどうかだと思います。

理想を見ている人の目は爛々と輝いています。

その目を見るたびに思い知らされるんです。

理想の家族、理想の生活、理想の仕事、

何事も自分次第で変わって行くんだと。

同年代の周りの人たちにももちろん輝いている人たちはいますが、やはり年の離れた友人を持つとハッっと気付く事が多いです。

年の離れた友人を持つ事はこんなにも良い事なんだと思いました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-その他
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆風通しを良くする

風通しを良くする 私は湿気が苦手です。 冬でも窓全開に開けて換気をこよなく愛しています。 部屋を循環している空気を入れ替えないと気分が晴れない。更に言うと湿気は良いとしても、違う空気を吸いたいので、多 …

◆世界をまたに掛ける!

世界をまたに掛ける! とても良い響きですね。 場所を問わず、どこでも仕事をして結果を出す。まさに世界を相手に乗り越えて行く憧れの言葉です。 こう言う言葉ってどこか現実的じゃない理想のような感じがします …

◆感謝の気持ち

今、人に感謝する事はありますか? 欲しかったプレゼントを貰ったり、上司が自分の仕事を評価してくれた時などのあきらかな時は感謝すると思いますが、普段の生活で感謝をするような事はあまりないのではないでしょ …

◆恋人、夫婦の仲

会社でも、プライベートでも飛び交う恋人への不満や愚痴。 付き合いたての頃はそれこそノロケ話も出て来ますが、しばらくすると愚痴を言うようになる。まあ、30歳も超え出すと、ノロケや上手く言っている話より断 …

◆苦労は買ってでもしろ

若い時の苦労は買ってでもしろと言うことわざ 誰でも聞いたことわざだと思いますが、今はそんな時代じゃない的な風潮も感じますね。 昔は料理人は皿洗いを数年間やって先輩職人を見て覚えていくとか 現場の職人さ …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク