banu blog

音楽を楽しむ為に…

Life その他

◆感謝の気持ち

投稿日:2017年5月18日 更新日:

今、人に感謝する事はありますか?

欲しかったプレゼントを貰ったり、上司が自分の仕事を評価してくれた時などのあきらかな時は感謝すると思いますが、普段の生活で感謝をするような事はあまりないのではないでしょうか。

ありがとう、と思う気持ちの時は周りが晴れやかに見えます。

多少の事なんて、気にしません。そして、自分も感謝されたくなるから何をしてあげたくなる。

そんな気分になれるのなら、やはり毎日何でも良いから感謝の気持ちを持つ事。これが精神的にも前向きになれる事じゃないかと思います。

◆近しい人には感謝の気持ちを

親、兄弟、恋人、親友等、、

自分の周りには気の許せる人間がいるはずです。その人達とは、いつも一緒にいるし、長い間一緒にいた事がある。だから今、会ったからと言って感謝する、と言うような気持ちにはなれないでしょう。

ですが、感謝をしたいと言う見方を持って接すれば、今までより感謝出来るような部分がもっと出て来ると思います。

そして、自分もその人達に感謝されるように行動してみる。

そうしていく事で、今までちょっとの事で言い合いになっていたような事も減って行きます。

もちろん、ただありがとうを言いまくる訳ではありません。意識を感謝したい、感謝されたい所まで持って行く事でプラスに物事を見ていけるようになります。

どうしても何か自分の思惑外の事が起きてしまうと、「何故そんな風に思うの?」と否定的に見てしまいがちです。

これは、自分が正しいからと言う気持ちが潜在的にあるからこう思ってしまう。

そう言う風に見てしまうと、いくらその場は怒らずに場をやり過ごしても相手にはなんとなく伝わって行くものです。

それが繰り返されて行く事で、お互いの良いポイントより、悪いポイントの方が目につくようになる。

そうすると、言うと気まずくなるような事が多くなる為に口数も減って行きます。

お互い、お互いの事は重要な存在だと認めているのに、受け入れられなくなって来るんですよね。

 

そうならない為に、自分から変えて行く。

相手のイヤな所に目をつぶる訳ではなく、それが個性と思えるような事もあるかもしれません。本当にイヤだと感じるようだったら何故そう言う考えを持っているのかの本心を聞き出す。一方的にイヤだと伝える訳ではなく、相手の本心を聞き出す事、吐き出してもらう事が大事だと思います。

それに対してどう思うか。受け止めた上で自分の気持ちを伝える。

受け止めて話した事でお互いがきちんと考えて動き出し、イヤな所が改善されますし、話を聞いてくれて気持ちを打ち明けてくれた。と感謝出来るようになる。

私は、毎朝、寝る前に神棚に感謝の気持ちを伝えています。それを始めてから感謝する事に対して真面目に考えたような気がします。

感謝をすると言う事は逆に、自分に対しても厳しくなれる。本当に良い関係を築く為にと考えると、私が私に対するリクエストが増えて行きました。毎日の神様へのお祈りは、自分の意識を変える、そして自分の一日を見つめ直す。その為の物なのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Life, その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆恋人、夫婦の仲

会社でも、プライベートでも飛び交う恋人への不満や愚痴。 付き合いたての頃はそれこそノロケ話も出て来ますが、しばらくすると愚痴を言うようになる。まあ、30歳も超え出すと、ノロケや上手く言っている話より断 …

◆世界をまたに掛ける!

世界をまたに掛ける! とても良い響きですね。 場所を問わず、どこでも仕事をして結果を出す。まさに世界を相手に乗り越えて行く憧れの言葉です。 こう言う言葉ってどこか現実的じゃない理想のような感じがします …

◆自分に対して叱咤!叱咤!叱咤!

今の自分に不安を感じていますか? 不安はあるけど、この先どう進めば良いか分からないって悩んでいませんか? 「こういう事をしてみたいけど、何をどうすれば良いのか分からない。」 「啓発本も読んだし頑張らな …

◆真面目な人は苦労する?

今まで自分の事を「真面目だね」と言われた事がありますか? 今の時代、真面目という言葉は、多くがネガティブな意味で使われる事も多くなっています。 そして、頑固者なイメージを持たれてしまい、遊びに誘われる …

◆読書とは

本を読む事はなぜ良い事なのか。 尊敬する人、著名人、ほとんどの人は本を読む事は良いと言います。 私も読書は大好きです。 反抗期の中学時代、皆廊下でたむろして話している中で、私ははまった本があれば机で本 …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク