banu blog

音楽を楽しむ為に…

その他 歴史

◆人の歴史

投稿日:2017年5月15日 更新日:

皆さんは歴史という言葉をどう捉えますか?

歴史は苦手だとか、あまり興味がないとか、勉強っぽいという事で毛嫌いされている方も多いと思います。

もちろん歴史が大好きな方もいらっしゃるでしょう。

人の歴史、過去に人間が起こした歴史から現代の我々の生活に活かすという事はとても重要な事です。

そして、それは私達個人レベルでも役立つ情報がいっぱい詰まっているのが歴史なんです。

年号や人名をビシっと覚える事はそこまで重要ではありません。

今、例えば芸能人の生い立ち今までの立ち位置に至ったまでの行動を知りたいと思うように、歴史上の人物も、それに値する…いや、それ以上の情報を知る事が出来、自分達の生活に活かす事が出来ます。

歴史上の人物と言うのは、すでにその行動や史実が明らかになっています。

その事実から、専門家や小説家、そして私達個人レベルでも、なぜそこまでの人物になったかを知る事が出来る、詳細な所まで紐解けるようになっているんです。

そんなヒーローみたいな存在である人物の行動を、一冊の本やネットの情報で見れるようになっているなんて…宝箱のように感じる訳です。

◆歴史上の人物を私達の周りに当て込む

誰もが知っている「織田信長」

世間からはうつけ者と呼ばれ、弟からもその大名の座を狙われながら、身内をも圧倒しながらトップの座に君臨し、美濃(岐阜)の斎藤家を滅ぼした後、京(京都)まで上洛し天下布武の宣言をした。

その後は武田信玄や上杉謙信等の強烈なライバルから抜きん出た形で領土を拡大して行き、日本全国を統一仕掛けた矢先、明智光秀に裏切られ命を落とした。

なんだか凄い事をしている人と言うのは分かるけど、日本を統一と言う時点で私達とは次元が違う人だと思ってしまいますよね。

ただ、これは私達にも当て込めるような「苦しい状況」があり、それを乗り越え、「夢」に向かって行った結果がこうなったと言う事なんです。

周りの人達からは変わり者扱いされ、身内にも信用してもらえず、縁を切られるような迷惑な存在。

それでも、小さな町工場から同業の会社より抜きん出た成績を出して会社を大きくし、ついには本社を東京に構えるまで成長させた。

しかし、社長として長い間君臨していた中で、出来の良い部下がスキをついて会社を乗っ取った。そして失脚した。

レベルは違えど、抱える人間が大きくなるに連れ、どうやってその人間を養って行かないといけないか、その為にはどんな事業をして経費を確保するか。

このように、今の自分達の身の回りに当て込む事でその人物が、想像もつかない人物から、親近感のある人物にまで落とし込む事が出来るんです。

「変わり者扱いされて、身内にも信用してもらえない中、それでも社長として指示を出していた、その時彼はどんな心境だったんだろう。」

「彼が岐阜を取る為に時間を掛けたのは、首都である京都の政治家と交流を持ち交渉する為だったんだ」

こう考えると、歴史上の人物の話がより一層面白くなってきます。

戦国武将に関しては、どうしてもトップ(大名)やその直近の部下(軍師や将軍級の偉い人)がメインになりますが、明治維新辺りなんかはまさに当て込めるに最適な武士が勢揃いです。

武将でも、大名でもなく、もっと下の武士や商人のサクセスストーリーな訳ですから。

人気があるのも頷けますね。

今はコンビニにも、一冊で数人の歴史上の人物が紹介されたような本もありますし、それこそ歴史を面白おかしく描いている漫画もあります。

ドラマも増えていますね。

気になればネットで事細かに概要が調べられ、小説では、小説家が紐解いた人物像として長い物語を楽しむ事が出来ます。

 

漫画から見てみるのも取っ掛かりはおすすめかなと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-その他, 歴史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆読書とは

本を読む事はなぜ良い事なのか。 尊敬する人、著名人、ほとんどの人は本を読む事は良いと言います。 私も読書は大好きです。 反抗期の中学時代、皆廊下でたむろして話している中で、私ははまった本があれば机で本 …

◆フラッシュバック

思い出したくない過去はありますか? 大失敗した時の事や、意図しない所でとんでもない想いをしてしまった時の事を思い出すと、気分が落ち込んでしまうアレです。 例えば一週間や一か月で忘れられるような失敗や出 …

◆休日の過ごし方

  仕事の疲れを癒す休日は必ず必要な事。 休日前の仕事の日は終わる数時間前から胸がドキドキと高鳴って来ます。残業なしでいざ退勤! この時ばかりは「お疲れ様でした」の声も3割り増しで高めのトー …

◆子供の考え

子供の創造力は大人のそれとは比べものにならないくらいの豊かさを持っています。 何の固定概念もない脳は全てのしがらみを無視してとんでもないアイデアを出す宝箱です。 例えば、小さい子供が納豆ご飯を手で食べ …

◆真面目な人は苦労する?

今まで自分の事を「真面目だね」と言われた事がありますか? 今の時代、真面目という言葉は、多くがネガティブな意味で使われる事も多くなっています。 そして、頑固者なイメージを持たれてしまい、遊びに誘われる …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク