banu blog

音楽を楽しむ為に…

Life

◆バカな生き物

投稿日:

スポンサーリンク

子供の頃は先の事を考えず、ただ自分のやりたい事、楽しい事だけをやっていたと思う。

やらなきゃいけない事なんか分からないから。

宿題とかは正直面倒だけど、辛いと言う程でもない。

そう言う感覚はいつからなくなって行くのだろうか。

気がつくと、いつもと違う行動をすると、その行動によって日々の生活に支障がきたすかどうかを考える。

明日も仕事だし。。

人が見てるし。。

こんな事誰もやっていないし、何か間違った事しようとしてない?

常にいつもと違う行動を取る前には、ちっぽけなリスク面を考えた挙句、行動を辞めてしまう。

頭では分かっていても体が動かない。

。。これではダメだ!

そんな余計な考えをいっその事辞めてしまった方が良い。

どうやったら辞められるかなんて考えるだけ無駄で、常に「やりたい」と思った事をやってみように変えてみれば良いのだ。

一日の中で何度も「やってみよう」と行動しようとすれば、いくつかは動けるような些細事もあるだろう。

それを繰り返して、自分を動ける自分まで持って行く。

いきなり、大きな変化を起こすのではなく、小さく自分を変えて行く。

そうする事で、何年か先、自分が変わったねと言われる日が来るはずだ。

スポンサーリンク

10代の頃、ふと車を買いたくなった。

その時流行のVIPカーでアコードワゴン。

当時は、価格や手に入り易さと人気でアベニールと言うワゴンをよく町で見かけたが、もう少し高くて希少価値がありそうな車でもあった。

僕は高校を卒業し、就職はせず、学生の頃から続けていたバンド活動をしており、先生にはプロになるから就職はしないと豪語しフリーターになっていた。

同級生の友達にディーラーに勤めている奴がいたので、おすすめの車をピックアップしてもらったりして、情報収集。

ワインレッドで車体価格が160万程の気に入った車種があった。

ほぼ純正だったので、カスタムもしたいと思った。

込み込みで200万だ。

どうしよう。

欲しい。

だけど貯金は0円。。

バンド活動もしたいし、機材費や活動費に使いたい。

家賃と生活費と合わせて考えると、どうやっても買えないじゃないか。

そう考え諦めようと思ったが、ふと思い浮かんだ。

 

ローンしよう

 

200万でもローンで買えば月々数万で行けるはずだ!

すぐ様ディーラーの友達に相談。

月々4万で5年ローンなら払えるらしい。

フリーターなのでボーナス払いは出来ないし、頭金もなし。

ヨシ買ってやろう!

そう思って購入の意思を決めた。

もう頭の中はワクワクでいっぱいだ。

 

卒業してフリーターでお金は稼げるようになったが、1ヶ月の給料なんて10数万円。

そんな状態で一人暮らししたての10代が4万のローンとは、今になるとバカな考えだ。

これで行けると思う方がどうかしてる。

もちろん、当時の僕も無茶な事だとは自覚があった。

そして、その時考えついた方法がまたバカな方法だった。

今、住んでいる家は寝てるだけだから車で寝れば良いんだ。と考え、賃貸アパートを解約して車で寝泊まりする事を決心した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆子供の考え

子供の創造力は大人のそれとは比べものにならないくらいの豊かさを持っています。 何の固定概念もない脳は全てのしがらみを無視してとんでもないアイデアを出す宝箱です。 例えば、小さい子供が納豆ご飯を手で食べ …

◆ダイエットとは

私はダイエットを10年以上続けています。 日本で言うダイエットは「痩せる」為にする事を主に指しますので、10年も痩せる為に続けているとなると、ちょっとやり方がおかしいんじゃない?と突っ込みたくなります …

◆田舎と都会

輝くネオンと眠らない街、東京。 最寄駅全てに飲屋街があり、大抵の物はなんでも揃う。 メディアが紹介する店には数分おきに来る電車ですぐに行けるし、流行の最先端を感じながらおしゃれな街で生活。 &nbsp …

◆恋人、夫婦の仲

会社でも、プライベートでも飛び交う恋人への不満や愚痴。 付き合いたての頃はそれこそノロケ話も出て来ますが、しばらくすると愚痴を言うようになる。まあ、30歳も超え出すと、ノロケや上手く言っている話より断 …

◆いつまでも青春

25歳を過ぎた辺りから、大抵の人が言い出す事は 「学生時代に戻りたい」「もう若くはないな」 一言くらいは口にした事はあるのではないでしょうか。青春時代は全てが輝いていましたね。恋も部活も友達との遊びも …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク