banu blog

音楽を楽しむ為に…

Life その他

◆空気を読む

投稿日:2017年5月2日 更新日:

10年程前に流行りだした言葉に「KY」と言う言葉があります。

空気(K)を読めよ(Y)と、頭文字を取ったこの言葉は、言いやすさや取っ付きやすさもあり、誰もが使用する言葉になりました。

2000年後半から最近まで頻繁に使われていましたし、今でも使われる事も多々あります。

色んな場面で使われ、バカにされたり、ただ少し発言をミスっただけでKYのレッテルを貼られてしまった事は誰しも一度はあるでしょう。

もちろん私は何度も言われて来ました(笑)

今は、少しずつ時代が変わり、空気なんか読むなと言う啓発本もたくさん出ている事から、あの言葉が流行って、いかに皆が空気を読むように努めていたのかと言う事が分かりますね。

空気を読める事は確かに良い面もあります。

例えば

【1】 大勢の前で何かしらスピーチをしている時、見ている人の表情や雰囲気を見て、間を空けて話す。

【2】 皆で楽しく話している時に、話題には入れない友達が入れるような話題を振る。

周囲を見てプラスになるような空気の読み方は、より大勢の人がその瞬間は前向きな気持ちになるでしょう。

ただし、今「空気を読む/読めない」の話題の判断基準は、上のような空気の読み方ではありません。

【3】会議で意見を募った時、皆がYESと言っている中、最後にいきなりNOと言うヤツ

【4】飲み会で1次会の間際に2次会の話になった時に、一人だけ帰ると言うヤツ

【5】●●良いよね〜と話している時に、皆同意するのに「そうかな?」とか言い出すヤツ

こんな時に、大概空気を読めない人と判断されてしまいます。そして、これらに共通するのは、周囲の人たちが一つの意見でまとまっているのに、輪を乱してしまう人が空気を読めない人と判断されてしまう事。

そして、そう言う人には、空気を読めないヤツの上に、天然とか変わったヤツと言った、また別のネガティブな評価が後々付いて回る事になります。

それを恐れて、空気を読むようになって行くんですね。

よく日本人は右へ習えの国民性だと言われますが、空気を読む事が重要だと思ってしまうのにはそう言う下地もあるからなんでしょう。

空気を読む事にも良い面、悪い面ありますが、今のような使われ方をしている「空気を読む」事であれば、読めるようになる必要性はありません。

空気を読めないヤツと言われた時は「自分の中に個性があった」と考えてみるのは如何でしょうか。

それは、その時、そこにいた大勢の人にはない考え方を持っていると言う事になります。

言われる場では、笑われたり、ムっと来るような気持ちにはなるかも知れませんが、そう言う意識を持つ事で、少しずつ空気を読めない事が悪い事じゃないと思えるようになるはずです。

◆空気を読みたくないのに読んでしまう人

本当は違う事を思っていたのに、違う事を言える空気じゃなかった。

一番悩み所なのは、上みたいな時かなと思います。

空気を読めないのは、無意識的に起きてしまう事ですが、読みたくないのに読んでしまう場合、その時のジレンマもつきまとうだけに、後々も悩んでしまう事になります。

これを読まない人間になるのには、一長一短で出来る物ではありません。

今、人気な本の中には、迎合するくらいなら嫌われても良いと言う勇気を持つ事の重要性を解く本もあるくらい、大事な事なんです。

人生の様々な局面で、周囲の顔色を伺わずに物事を言えるようになる事は、自分のステップアップの大チャンスでもあります。

例えば、身近な人との会話の中から、少しずつ訓練して行くのも良いかもしれません。

恋人との会話で、何気なく打っている相槌にも、敢えて自分の意見を入れて相槌を打ってみたり

友達との旅行や遊びの計画に、幹事任せにするのではなく、自分からその役目を勝手出てみたり

相手が「まさかこんな所で?」と思うような事をするのは、それまでの仲での空気を敢えて読まなかったと言う事に繋がります。

時間を掛けて慣らして行く事で、少しずつ良い意味でのKYになって行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Life, その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆田舎と都会

輝くネオンと眠らない街、東京。 最寄駅全てに飲屋街があり、大抵の物はなんでも揃う。 メディアが紹介する店には数分おきに来る電車ですぐに行けるし、流行の最先端を感じながらおしゃれな街で生活。 &nbsp …

◆読書とは

本を読む事はなぜ良い事なのか。 尊敬する人、著名人、ほとんどの人は本を読む事は良いと言います。 私も読書は大好きです。 反抗期の中学時代、皆廊下でたむろして話している中で、私ははまった本があれば机で本 …

◆話す事の大事さ

貴方は人と話す事は好きですか? 人と話す事は脳の活性化にも繋がります。話す時に使う脳と、話した後に相手の話を聞く脳。そして、その話を上手く運んで行く為に取るコミュニケーションの脳。 意識せずとも、脳に …

◆苦労は買ってでもしろ

若い時の苦労は買ってでもしろと言うことわざ 誰でも聞いたことわざだと思いますが、今はそんな時代じゃない的な風潮も感じますね。 昔は料理人は皿洗いを数年間やって先輩職人を見て覚えていくとか 現場の職人さ …

◆ダイエットとは

私はダイエットを10年以上続けています。 日本で言うダイエットは「痩せる」為にする事を主に指しますので、10年も痩せる為に続けているとなると、ちょっとやり方がおかしいんじゃない?と突っ込みたくなります …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク