banu blog

音楽を楽しむ為に…

Life その他

◆真面目な人は苦労する?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

今まで自分の事を「真面目だね」と言われた事がありますか?

今の時代、真面目という言葉は、多くがネガティブな意味で使われる事も多くなっています。

そして、頑固者なイメージを持たれてしまい、遊びに誘われる機会を減らしている人だっているでしょう。

真面目過ぎるが故に、人と接する時にも相手の気持ちの事ばかりを考え、自分の考えも中々出せない。

そんなジレンマを常に抱えている為にストレスも貯めやすく、ついイライラしてしまい相手を傷つける言葉を発してしまったりして失敗してしまった事もありませんか?

真面目な人は、つい発してしまった一言の為に「真面目だったのに何故そんな事を言うの?」と、今まで真面目で持っていた評判さえ、すぐに落としてしまいます。

正に負のスパイラル…。

逆に周りには、一見不真面目で責任感もなく、すぐに人任せにするような人が、上手く出世したりする事も珍しくありません。

そういう人は正直な物言いをするので、多少ワガママを言った所で、いつもの事だ。となり、そのワガママな一言で評判を落とす事もない。

これは見ていて、世の中の不条理を感じる事もあるでしょう。

真面目で生きるのがバカバカしい…。

かと言って今更不真面目な性格になる事も出来ない。

色んな啓発本にだって、真面目すぎる事は良くない、なんて事言っていますね。

思った事を言っていかないと、ストレスを溜めて、結果自分が壊れてしまいますよと。

気にしない事だと。

それはその通り!

そんな事は長く付き合っている自分が一番良く分かっているんです!

だけど、気にしてしまう。

リアルタイムで生きていると、真面目過ぎるが故に発してしまう言葉はどうしても急には変えられない物です。

結果、また後になって「あぁ〜またやっちゃった」となってしまいます。

こうやって人生損してるな…ってしょっちゅう思っていませんか?

かくいう私もそんな性格故にもったいない生き方をして来たなって思う事が多々あります。

変えないといけない。だけど変えられない。

まさにジレンマというヤツですね…

もし…

抜け出せる方法があるとしたらなんでも知りたい!って思いませんか?

◆悩みながら、前に進んでいくしかない!

私も、若い頃から同じように悩み続け、そして様々な事に挑戦して来ました。

ココにはその時に得た事、感じた事を記して行きたいと思います。少しでも役に立つ事があれば幸いです。

田舎から上京し、都会の真ん中で社会人として一定の役職を与えて貰いながら、個人でライフワークを続けそこでも著名な方とやりとりするようになりました。

もちろんその最中でも、若い頃から抱いている根本的な問題はやはり残っている物ではあるのですが、真面目で良かった!と思う事もありました。

ふと、思い返すと、少しずつ変わっている面があったり、実は他からの評価は自分が思っている以上の物だったり…

やはり、真面目なだけに、真面目がダメだって事にとらわれ過ぎているんでしょうね。

著名な方はもちろん、偉い方と言うのは「真面目」だけじゃやっていけないような重責を担っている為、不真面目な部分や、遊び心が優れている部分、全てを自分でプロデュース出来る能力を持っています。

いや、持っていると他人に思わせるような能力でもあるでしょう。

ある程度の年齢まで達すると、真面目だけでも、不真面目だけでも、遊び心があるだけでもなくバランス感覚必要になりますからね!

今後は少しずつ具体的な事を記して行きたいと思います。

まずは、真面目過ぎて悩む毎日から少しずつ抜け出して行きましょう!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Life, その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆苦労は買ってでもしろ

若い時の苦労は買ってでもしろと言うことわざ 誰でも聞いたことわざだと思いますが、今はそんな時代じゃない的な風潮も感じますね。 昔は料理人は皿洗いを数年間やって先輩職人を見て覚えていくとか 現場の職人さ …

◆主張する

意見が対立すると、自分の意見を主張したいが、それを言うと言い合いになってしまって収拾が着かなくなってしまう。 先読みして、相手の意見を聞き入れたり、落とし所を作ったような話し方で上手く話をまとめてしま …

◆感謝の気持ち

今、人に感謝する事はありますか? 欲しかったプレゼントを貰ったり、上司が自分の仕事を評価してくれた時などのあきらかな時は感謝すると思いますが、普段の生活で感謝をするような事はあまりないのではないでしょ …

◆理想と現実

子供の頃描いていた夢。 漠然とだけど必ず叶うと信じていた10代の頃。 大人は「現実はそう甘くない」と言うが、ただのうるさいオヤジの遠吠えとしか感じなかった。 それがいつからか、自嘲するように「現実は甘 …

◆恋人、夫婦の仲

会社でも、プライベートでも飛び交う恋人への不満や愚痴。 付き合いたての頃はそれこそノロケ話も出て来ますが、しばらくすると愚痴を言うようになる。まあ、30歳も超え出すと、ノロケや上手く言っている話より断 …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク