banu blog

音楽を楽しむ為に…

Life その他

◆子供の考え

投稿日:

子供の創造力は大人のそれとは比べものにならないくらいの豊かさを持っています。

何の固定概念もない脳は全てのしがらみを無視してとんでもないアイデアを出す宝箱です。

例えば、小さい子供が納豆ご飯を手で食べた時、「汚いから手で食べちゃダメよ」と大人は諭しますが、子供には汚いと言う意味が分からない。

むしろこれから食べる物が何故汚いの?となり、大人はまた「みっともないよ」と諭します。

子供は、それで手がベタベタになってもお構いなし。

ベタベタした手を見て、楽しみだします。そして、べたついた両手を合わせて糸を引く様を大人が止めるまで、もしくは自分が飽きるまでとことん楽しみます。

納豆ご飯一つ取っても、これです。

現在はアイデア一つで仕事が生まれる時代。遊びから発展したものですら事業を起こせる時代です。

私たちが持っている固定概念は、様々な制約を作り出していると考えるべきだと思います。

私達は、生活する上で必要だと思って子供たちに教育をしているのに、生まれた頃の発想力を、物事を教えて行く事で潰してしまっている。

本当にもったいない事だと思います。

私の周りには、子供の頃おばあちゃんっ子だった人がいるのですが、価値観や発想力が今でも素晴らしい人達がいます。

おばあちゃんはとにかく子供を自由に育てます。まだまだ忙しい大人の親と違ってのんびりとゆとりを持って育てたんだろうなと思うと、関係があるような気がしてならない。

◆ゆとり世代とは

「ゆとり世代」がよくネガティブに取り沙汰されます。

社会人になると、すぐに逃げ出したり、普通は上司から誘われた食事会や飲み会は参加すべきなのにあっさりと断ったり。。

やっぱりゆとりはダメだね。と上の世代は呆れ返ります。そんな光景は数年くらい前からよく見ていました。

確かに、単なる甘えは良くないですが、ゆとりを持って育てると言う考えは本当に間違いなんでしょうか。

本来、詰め込み教育で失敗したからゆとり教育、という側面ばかり挙げられますが、方向自体は間違いではなかったんじゃないかとさえ思います。

ただ、私達のような考え方の大人と、実際にゆとり教育を受けて育った後輩達が絡んだ時に生じる価値観のずれや、ゆとり教育を育てた親がゆとりを持って育てる方法を知らない。

そんな弊害もあって、結果ゆとり教育を変更せざるを得なくなったように感じます。

親からすると、そんな事は分かっていても、いざ毎日生活していると、いちいちそんな事を考えながら教育なんて出来ない物ですけどね。。

人を育てると言うのは難しいものです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Life, その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆自分に対して叱咤!叱咤!叱咤!

今の自分に不安を感じていますか? 不安はあるけど、この先どう進めば良いか分からないって悩んでいませんか? 「こういう事をしてみたいけど、何をどうすれば良いのか分からない。」 「啓発本も読んだし頑張らな …

◆主張する

意見が対立すると、自分の意見を主張したいが、それを言うと言い合いになってしまって収拾が着かなくなってしまう。 先読みして、相手の意見を聞き入れたり、落とし所を作ったような話し方で上手く話をまとめてしま …

◆話す事の大事さ

貴方は人と話す事は好きですか? 人と話す事は脳の活性化にも繋がります。話す時に使う脳と、話した後に相手の話を聞く脳。そして、その話を上手く運んで行く為に取るコミュニケーションの脳。 意識せずとも、脳に …

◆空気を読む

10年程前に流行りだした言葉に「KY」と言う言葉があります。 空気(K)を読めよ(Y)と、頭文字を取ったこの言葉は、言いやすさや取っ付きやすさもあり、誰もが使用する言葉になりました。 2000年後半か …

◆風通しを良くする

風通しを良くする 私は湿気が苦手です。 冬でも窓全開に開けて換気をこよなく愛しています。 部屋を循環している空気を入れ替えないと気分が晴れない。更に言うと湿気は良いとしても、違う空気を吸いたいので、多 …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク