banu blog

音楽を楽しむ為に…

その他 音楽

◆主張する

投稿日:

意見が対立すると、自分の意見を主張したいが、それを言うと言い合いになってしまって収拾が着かなくなってしまう。

先読みして、相手の意見を聞き入れたり、落とし所を作ったような話し方で上手く話をまとめてしまう経験、あると思います。

本当は主張して、お互いが納得行くまで話すべきなのに…と頭では分かっていても、いつもどこかで折れてしまって、悩んだり情けない自分を責めたりするタイプの方は非常に多いです。

これは仕事や人間関係、そしてプライベートや恋愛関係においても非常に重要なポイントです。

当然、ここで言う主張とはオラオラ系のそれと違って、本来自分が相手に伝えないといけない意見をきちんと伝えて解決策を見つける為の主張です。

例えば、、

意見の言い合いではありませんが、職場でたまたま自分がコーヒーを飲むついでに同僚や上司にも持って言ってあげた時があるとしましょう。その時は感謝されます。

そして、次回も自分のコーヒーを注ぎに行った時「悪いんだけど…」と頼まれます。これは結構あります。

それが何度か続き、いつの間にか当たり前のように注いで行かなきゃいけなくなっている。

ただ、「もう持って行きませんよ」と言うと、気まずくなりそうだし、いちいち反発すると「そんな小さな事で…」と小さな人間扱いされてしまうし、、それなら別にそこまで面倒じゃ無いし仕方無いか。。

とコーヒーを持って行ってしまう。

ここで主張をするしないで、大げさですが、今後の人生にまで影響してしまうと言っても過言じゃありません。

◆主張しない人は最後に爆発してしまう

主張出来ずに、何だかいつも持って行く羽目になってしまっている。

もちろん感謝もされていないし、こんな事会社は評価なんてされるはずもない。最初は気を効かせて持って行っただけなのに…

負のスパイラルとは怖いもので、コーヒーを持って行ってあげた事から、持っていかないといけなくなった事になってしまいます。

こういう風に主張出来ずに溜め込んでしまうと?

会社に対して他の不満も出て来たり、ついにはプライベートでもイライラしてしまったり。

もし、どこかで「持って行ってあげたのは最初だけですよ!次からは自分でお願いします!」と少しでも主張出来てたら…後悔してしまいますね。

◆何かに変えて主張する

主張と一言に言っても、色んな主張の仕方があります。

1.思っている事をズバっとストレートに言う人。

2.泣き落としのような形で下手に出る事で意見を通す人。

3.冗談のように言って相手に気持ちだけを伝える人。

大概主張というと1を主張と言うでしょう。ですが、ズバっと言うのは難しい事です。

先ほどの例えで言うと、「悪いんだけど」とコーヒーをまた頼まれた時点で「イヤです」とズバっと言うのではなく、「あの時はサービスですよ(笑)」と冗談のように言って相手に「毎回持って行く気はない」事を伝える。

すでに持って行く羽目になってしまっている場合でも、あえて相手に分かるように、ある時自分のだけ持って行く。そして「あれ?今日僕のは?」と聞かれたり、聞かれなくても何となく目があった時に「これ以上持って行くとこれが私の仕事になりますから(笑)」と気持ちをやんわりと伝える。

ここでポイントなのは、必ず直接相手との会話で主張をする事。

何となく雰囲気で主張する、と言うのは自分の為にも解決の為にもなりません。

◆意識をする事が大事

コーヒーを善意で持って行ってあげた事がきっかけで、ついに相手との関係が悪くなった。

こんなしょうもないような事でも、実際に起こってしまう人間関係の難しさがそこかしこに転がっているのは、すでに皆さん分かっておられる事でしょう。

この例えは本当にゴクゴク小さな話ですが、私は今主張出来ない人が損をしてしまうのは今の時代だから更に顕著になったと考えています。

昔は今と違ってトップが下に指示するトップダウンという図式が割と明確にありました。だからある意味、ローカルルールを含めルールがガチガチに決まっていました。我慢して頑張れば、それでも見返りがある時代でもあったと思います。

主張をする事は今程重要でもなかったと思うんです。

しかし今は、そんな時代を否定するかのように我慢の元である問題が法律で解決されている。

パワハラ問題、暴力や体罰問題は当然ながら、体育会系の上下関係や飲み会強要も大分なくなりましたね。

上から圧力が掛からない楽さもありますが、ローカルルールがなくなり代わりに法律のみが私達を守ってくれるようになりました。

後はその法律を使って、自分が主張して生きて行かないと行けない。

極端な考え方ですが、今はそう言う時代です。

もちろん、主張出来ない事を悩んでいる方は、いきなり主張しろなんて言われても出来る物ではありません。

だから「主張出来ない」と悩むよりも、主張出来るポイントを見つける事です。

ズバっとではなく相手に何となくで良いから伝えられる事だけで良いから伝えて行く。

そんな意識付けから行って見るのは如何でしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-その他, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆自分に対して叱咤!叱咤!叱咤!

今の自分に不安を感じていますか? 不安はあるけど、この先どう進めば良いか分からないって悩んでいませんか? 「こういう事をしてみたいけど、何をどうすれば良いのか分からない。」 「啓発本も読んだし頑張らな …

◆子供の考え

子供の創造力は大人のそれとは比べものにならないくらいの豊かさを持っています。 何の固定概念もない脳は全てのしがらみを無視してとんでもないアイデアを出す宝箱です。 例えば、小さい子供が納豆ご飯を手で食べ …

◆読書とは

本を読む事はなぜ良い事なのか。 尊敬する人、著名人、ほとんどの人は本を読む事は良いと言います。 私も読書は大好きです。 反抗期の中学時代、皆廊下でたむろして話している中で、私ははまった本があれば机で本 …

◆真面目な人は苦労する?

今まで自分の事を「真面目だね」と言われた事がありますか? 今の時代、真面目という言葉は、多くがネガティブな意味で使われる事も多くなっています。 そして、頑固者なイメージを持たれてしまい、遊びに誘われる …

◆夢を求めて

今いる場所から離れてみたい。 自分の夢に向かって都会(田舎)へ行ってみたい! 誰しも内面から湧き出てくる感情に嘘はつけません。いつでもどこかへ出てみたいという気持ちを持っているのではないでしょうか。 …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク