banu blog

音楽を楽しむ為に…

Life その他

◆いつまでも青春

投稿日:

25歳を過ぎた辺りから、大抵の人が言い出す事は

「学生時代に戻りたい」「もう若くはないな」

一言くらいは口にした事はあるのではないでしょうか。青春時代は全てが輝いていましたね。恋も部活も友達との遊びもダル〜い授業すらも。

あの頃は全てが全力投球だったんじゃないかと思います。

理屈ではなく、ただひたすら目の前の刺激的な出来事に一喜一憂していたから…

学生時代の自分達は、振り返ると恥ずかしい位に視野が狭く、直感的、少し大人になったかのような反抗的な気持ちも芽生え、そして何より素直でした。

気がつくと今は、あの頃のようにときめいていないんじゃないか。

一生懸命に打ち込んでいないんじゃないか。

無理やりにでも時間を作って友達と思いっきり遊んだりしないんじゃないか。

日々の仕事に追われ、ある程度人生として経験を積んだ私達は刺激が減り、教わる機会も減っていき、人生に馴れてしまったかのような気持ちになります。

もちろん、刺激的どころか人間関係や、自分のキャパシティを超えるような出来事が起きる事で大人の辛さを味わって、「昔に戻りたい」と思うパターンもあるでしょう。

ただ、これも考え方次第。

本当は青春は今でも続いているんです。

◆知恵がついて来た証

先日、仕事であるイベントの会場に行き、アイドル関係の現場に携わった為、ライブの控え室にお邪魔した事がありました。

アイドルは群雄割拠の時代。AKB48やももいろクローバーに続けと、小中学校からダンスレッスンやヴォーカルレッスンを受け、学校生活の傍、活動を行っている方も非常に多いです。

その一生懸命な姿には、感銘を受けてしまいました。

私が学生の頃は、ゲームや街に出かけて遊んでいたのに、こんなに頑張っているなんて凄い!と。

でも、そんなに若い子がバンバン出て来ていると、18.9歳の子の中に「もう私は年だ」と思い込んでいる子もいました。

ライブでもベテラン風な雰囲気を醸しています。

もはや青春なんて終わった、、みたいなオーラを出していましたが、私から見れはそんなジレンマや葛藤も青春に映りました。

逆に、もう定年間近の社長の方が「まだ青春だ」と言って、今までやって来なかったような事でも果敢に挑戦している様も見て来てました。

その時はもう「この人は次元が違う」と圧倒されてしまう位です。

人と比べ、比較対象が増えて行くと、色んな事を考えられるようになります。

そして、経験の数も多くなって来ると、先の事が少しずつ予想つくようになります。

今のままの自分の先を想像してしまい、出来る事、出来ない事を決めてしまう。

一日中教育を受けていた学生時代と違って、社会人は教わる時間は格段に減ってしまいますからね。

可能性にストップを掛けてしまい、素直に物事にトライする事、愚直に頑張る事、意味がなかったり、メリットと感じない事を極力排除し、一喜一憂しなくなってしまいます。

それでは中々青春を感じる事は出来なくなりますね。

ですが、知識や知恵は確実に付いて来ている為に、色んな事を考え一喜一憂出来なくなっているんじゃないかと思うんです。

◆いつでも付き合いたての恋人のように

青春の定義は確かに若い時代を指しますが、自分の内面や行動においても、青春時代のような新鮮な気持ちで臨む事は良い事だと思います。

いくつになっても、恋をしている時は青春を感じます。

抑えたくても抑えられない感情と、起きた瞬間から寝る前まで考えてしまいアドレナリンが24時間出放題です。

恋をするとそうなりますが、不思議な事に中々他の事ではそうはなりません。

ですので敢えて、ちょっと先を考えて「どうせダメだろう」とか、「今更○○をするのは恥ずかしい」等と思って、諦めるような事をもう一度試してみるのはいかがでしょうか?

「やっぱりダメだった。」となって恥ずかしい思いをしても、来年には「去年のあの時は面白かった」と言っているような気がします。

”敢えてやってみた事”と言うのは、中々後悔しない物です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-Life, その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

◆読書とは

本を読む事はなぜ良い事なのか。 尊敬する人、著名人、ほとんどの人は本を読む事は良いと言います。 私も読書は大好きです。 反抗期の中学時代、皆廊下でたむろして話している中で、私ははまった本があれば机で本 …

◆休日の過ごし方

  仕事の疲れを癒す休日は必ず必要な事。 休日前の仕事の日は終わる数時間前から胸がドキドキと高鳴って来ます。残業なしでいざ退勤! この時ばかりは「お疲れ様でした」の声も3割り増しで高めのトー …

◆主張する

意見が対立すると、自分の意見を主張したいが、それを言うと言い合いになってしまって収拾が着かなくなってしまう。 先読みして、相手の意見を聞き入れたり、落とし所を作ったような話し方で上手く話をまとめてしま …

◆世界をまたに掛ける!

世界をまたに掛ける! とても良い響きですね。 場所を問わず、どこでも仕事をして結果を出す。まさに世界を相手に乗り越えて行く憧れの言葉です。 こう言う言葉ってどこか現実的じゃない理想のような感じがします …

◆フラッシュバック

思い出したくない過去はありますか? 大失敗した時の事や、意図しない所でとんでもない想いをしてしまった時の事を思い出すと、気分が落ち込んでしまうアレです。 例えば一週間や一か月で忘れられるような失敗や出 …

最近のコメント

    カテゴリー

    スポンサーリンク